長い期間と費用をかけたインプラント治

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。
どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。
麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
急患でも診療を受けることが必要です。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院することはめったにありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ