結局歯を抜くことになった

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。
自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ