歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。
普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ