本来の歯同様の耐久性を得られる

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
この治療の費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ