耐久性の面で、インプラントは

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。
周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ