大きな効果を得られるインプラント

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。
しかし、それは正しくありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ