インプラント治療はかなりの技術を要

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。
ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。
入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
それは気にしないでください。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属があれば、そこは乱れて映ります。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。そのため、MRI検査は問題なくできます。長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、デメリットも知った上で選択してください。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ