インプラントについて、簡単に説明す

インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。
虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、デメリットも知った上で選択してください。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。
しかし、それは正しくありません。
確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。
MRI検査への影響はありません。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい方に適用されます。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。
インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
須磨区 インプラント もりした歯科医院

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ