どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。
それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属があれば、そこは乱れて映ります。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。
チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ