チタンでできた人工歯根をあごに埋め

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ