インプラントの人工歯(上部構造)は

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。
これはなぜでしょうか。一つには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

http://xn--eckvdxb1d3bc3509exvcnq3c.xyz/

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ